トップ   nijito大人食堂

nijito大人食堂

201610122327_1.jpg


『いっしょに、食べよう。』

nijitoでは月に2回、社員みんなでおいしいごはんを食べます。

「いっしょに、食べよう」を愛言葉に、古き良きものを未来に。10年後の畑のために。10年後のカラダのために、食事をみんなで食べる。みんな笑顔になる。「こんなにお野菜っておいしかったの?」「はじめて苦手なトマトがおいしいとおもった。」など社員みんなで食材のおはなし、料理のおはなし、大切な家族のおはなし、いろんな話をしながらおいしい食事をします。

お料理はcatering。マクロビの師匠「中美恵さん」・「倉成秀美さん」に愛情のこもったお料理を持参してもらっています。
食材も旬のものをメインに、からだに良いものを厳選、調味料もほとんど使っていないので、食材の本来もつうまみを味わえてみんな大満足です。

月2回のnijito大人食堂をつうじて、日々の暮らしの中に少しでも食の大切さを実感でき、無理せずにできることからはじめよう、という想いもうまれてとてもよい活動の1つです。




201610122327_2.jpg

 

まるでお肉のようにジューシー!

車麩とビーツのカツ。衣の中はぜーんぶお野菜なのにお肉のようにジューシー!男性スタッフから大人気でした。




201610122327_3.jpg

 

もちもちふっくら

玄米・黒米・もち米の3つがミックスされていて、とってもヘルシー。モチモチふっくら食感で、ちょっとだけでもお腹いっぱいです。



201610122327_4.jpg



 

お野菜で焼きそば!?

なにやら焼きそばのようなお野菜が。実は……きりぼし大根なんです!!「こんなにヘルシーな焼きそばなら毎日でも食べたい!」と女性スタッフは大喜びでした。




201610122327_5.jpg


 

彩り豊かに盛り付け♪

 

欲張り腹ペコスタッフが、思うがままによそった写真です。新鮮なお野菜だけを使用しているから、ただよそっただけでも、自然と彩りがよくおしゃれなカフェのランチのような盛りつけに!




201610122327_6.jpg


 

自然な甘みで顔もほころびます

 

モチ粟と玄米のぽんせんをリンゴジュースで煮たデザート。桃と巨峰とすだちがトッピングされていて、砂糖を使っていないのにとーっても甘いんです♪ 美味しくてアッという間になくなっちゃいました。





201610122327_7.jpg


 

次はどれにしよう?

 

「普段は野菜を食べる機会があまりないので…」と語る男性スタッフは、すぐに最初に盛ったごはんをぺろり(笑)次に何を食べてみようかとお箸を伸ばします。食べる度に新たな発見があるのが大人食堂の楽しみのひとつ。




201610122327_8.jpg


 

“いただきます”がスタートの合図

 

たくさんお料理は用意されてるけれど、ついつい焦ってしまいます(笑)元気な「いただきます!」の挨拶の後は毎回お箸がわーっと群がります。





201610122327_9.jpg


 

笑顔こぼれる大人食堂

美味しいご飯と、体が喜ぶお野菜たち。そして虹人たちと一緒に食べる食卓は自然と笑顔がこぼれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加